入会案内・
入会申込書はこちら
(PDF)
兄弟チーム
世田谷ボーイズ
 
 



PDF形式の書類をご覧になるためには、Adobe Acrobat Reader(フリー)が必要です。こちらからダウンロードできます。
ボーイズリーグ所属 硬式少年野球 世田谷タイガース 公式Webサイト
   お問い合わせ   リンク  TOP
試合一覧にもどる

西支部春季大会
対戦相手 相模原イーグルス
場所 東京:調布
月日 2004年5月16日(日)
  1 2 3 4 - R    
■世田谷タイガース 2 1 4 0 - 7    
■相模原イーグルス 0 0 0 1 1    
バッテリー 本塁打  
岡部ー野里 4回コールド 

あいにくの雨模様の東京都西支部大会の相手は、またしても関東ブロック大会(ジャイアンツカップ出場権がかかる大会) で大敗している「相模原イーグルス」。
我が世田谷タイガースは、4番でピッチャー岡部通織(みちおり)がよほどのピッチングをしない限り互角に戦えないほど、力の差は歴然としている。
4月25日大会でコールド負けし、5月のゴールデンウィークにミニ合宿を行い、課題となっていた守備力の強化を中心に2日間ではあるが、「一つ一つのアウトを確実に取る」という基本練習を徹底的に行いその成果を強豪「相模原イーグルス」にぶつけた。
試合は、トップバッターの若林晃弘がセカンド横に内野安打で出塁し1死後、3番キャプテン長坂直輝(なおき)がレフト前へうまく運び、1・2塁とお膳立てをし、4番 岡部が期待に応え、右中間を破る3塁打を放ち2点を先行した。2回には、7番 細木崇志(たかし)がレフト前ヒットでノーアウトから出塁すると柳澤健太、小林航也(こうや)と進塁打を放ち2死後、トップの若林晃弘がレフト前へクリーンヒットを放ち貴重な追加点を取れたことがこの試合の勝因と言っても過言ではない。我が世田谷タイガースの攻撃パターンは、トップバッター若林晃弘が出塁しランナーを貯めて4番岡部通織が返すパターンと、下位打線が出塁しトップバッターの若林晃弘がチャンスに打って得点する2パターンだ。その意味からも9番 小林航也の1死後からの犠牲バントを確実に決めてくれた繋ぎ役の存在は大きい。まさにタイガース打線が「点から線へ」繋がった得点パターンである。3回には5連打と小林航也のスクイズも絡め一挙4点と大きく突き放した。投げては岡部通織が1回から快刀乱麻の一人舞台を演出し、なんと4回コールド勝ち。12アウトのうち7三振を奪い、まさに力で相模原イーグルスの強力打線をねじ伏せてしまった。今回の勝因は何と言っても岡部通織の快投に尽きるが、キャプテン長坂直輝を含めた3人のスタメン6年生がチームの中心となって5年生以下をグイグイ引っ張ってこそ「強い世田谷タイガース」が存在する。6年生よ、この試合を自分達の大きな自信とし、これからも若い世田谷タイガースの中心的存在であってほしい。
今年度に入って公式戦ではじめての勝利を会心の形で収めることが出来た。特に強豪「相模原イーグルス」に勝てたことは我がチームにとって大きな自信となった。
今回も相手チームの内野の守りの素晴らしさには本当に勉強させてもらった。
ありがとうございます。「相模原イーグルス」の子供達。(小林 宏)