入会案内・
入会申込書はこちら
(PDF)
兄弟チーム
世田谷ボーイズ
 
 



PDF形式の書類をご覧になるためには、Adobe Acrobat Reader(フリー)が必要です。こちらからダウンロードできます。
ボーイズリーグ所属 硬式少年野球 世田谷タイガース 公式Webサイト
   お問い合わせ   リンク  TOP
試合一覧にもどる

西支部春季大会決勝 「優勝」
対戦相手 相模原イーグルス
場所 東京:調布
月日 2004年6月26日(日)
  1 2 3 4 5 6 R    
■世田谷タイガース 2 0 1 1 1 0 5    
■相模原イーグルス 1 0 2 0 0 2 5    
バッテリー 本塁打  
岡部ー野里 同点のためくじ引きによる勝利 

梅雨の中休みとなったこの日は、朝からむし暑く、じっとしていても汗が吹き出るほどの天気となった東京都西支部大会の決勝戦。対戦相手は、またしても予想通りの強豪「相模原イーグルス」。この大会は、リーグ戦のため前回「相模原イーグルス」と対戦しており4番でピッチャー岡部通織(みちおり)が大活躍の好投で勝利を収めている。我が世田谷タイガースは、この対戦でもエースの岡部を決勝戦にぶつけた。
12時、世田谷タイガースが先攻で始まった決勝戦は、トップバッターの若林晃弘がレフト戦に2塁打で出塁し1死後、相手エラーと最も頼れる4番の岡部が期待通りに左中間へ3塁打を放ち2点を先制。鉄壁の守りを誇る「相模原イーグルス」でさえ、ミスをするのは、やはり決勝戦だからなのか?我が世田谷タイガースも、初回から守備面ではボロボロ状態。岡部が力でねじ伏せて取る三振以外は、アウトが取れない。
この試合の5得点は、我がチームの得点パターンであるトップの若林晃弘(あきひろ)と主砲の岡部がチャンスに確実に打ってくれたこと、5失点は、まさしく守備力の弱さがそのまま出てしまった結果となった。
今回の優勝は、6年生の主軸である孤軍奮闘の岡部とチームを引っ張ってくれたキャプテン長坂直輝(なおき)の活躍が素晴らしく光っていた。練習では、人一倍怒られ、いつも辛い立場にいる6年生であるが、黙々とチームを引っ張る一生懸命さと彼らの素直さがあるからこそ、この活躍が出来たに違いない。我が世田谷タイガースは、着実に力を着けてきている。今回の6年生の子供達の素晴らしい活躍ぶりは、5年生以下の子供達に最高のプレゼントをしてくれた。今よりももっと強いチームを目指して、我々の指導も一段と熱が入る。最後に最高のゲームをさせてもらった「相模原イーグルス」の皆様には、いつもながら感謝しております。子供達の成長のためにも、今後とも胸を貸してください。(小林 宏)