入会案内・
入会申込書はこちら
(PDF)
兄弟チーム
世田谷ボーイズ
 
 



PDF形式の書類をご覧になるためには、Adobe Acrobat Reader(フリー)が必要です。こちらからダウンロードできます。
ボーイズリーグ所属 硬式少年野球 世田谷タイガース 公式Webサイト
   お問い合わせ   リンク  TOP
試合一覧にもどる

横浜市長杯
対戦相手 たまプラーザスネークス
場所 神奈川:鳥屋球場
月日 2004年10月11日(祝)
  1 2 3 4 5 6 R    
■たまプラーザスネークス 0 0 0 0 1 2    
■世田谷タイガース 0 0 0 2 2 × 4    
バッテリー 本塁打  
岡部ー瀬尾・野里 岡部

週末が雨続きの天候の中、小雨ではあったが順延となっていた横浜大会の1回戦を、「たまプラーザ・スネークス」と戦った。約3週間もの間、週末になると雨にたたられ、思った練習も出来ずに子供達のユニフォーム姿も、久しぶりに見ることになった。
太りがちな子供達が多い我が世田谷タイガースは、案の定、運動不足という大敵にもみまわれ、ユニフォームの腰まわりが、かなりきつそうな着こなしの選手が何人かいるのが気にかかる。
試合前のウォーミングアップを見ていても、スウィングも鈍く、動作が緩慢である。
試合は、肘の故障で不安を残す6年生の岡部が、先発した。全力投球は出来ないが、コントロール重視のピッチングで失点は最小点で抑えている。ピッチングのうまさは、さすがである。
攻撃の方はというと、心配していたとおり、差し込まれた打ち方が目立ち、凡打の山が続く。ゼロ行進が続き、4回裏に3番ショートの若林がセンターオーバーで出塁し、前石垣と柳澤のタイムリーで2点を入れ逆転すると、5回に主砲岡部が2ランホーマーをかっ飛ばし、なんとか勝利を収めることができた。
勝因は、岡部の完投と、エラーをしなかった守備力だろう。
次の対戦は、今週の土曜日。選手達は、平日の自分の時間に、いかにバットスイングをし、コンディションを整え、今度の試合に望んでくれるのだろうか?
試合で結果を残せるかは、自分自身で日々、努力するしかない。(小林 宏)