入会案内・
入会申込書はこちら
(PDF)
兄弟チーム
世田谷ボーイズ
 
 



PDF形式の書類をご覧になるためには、Adobe Acrobat Reader(フリー)が必要です。こちらからダウンロードできます。
ボーイズリーグ所属 硬式少年野球 世田谷タイガース 公式Webサイト
   お問い合わせ   リンク  TOP
試合一覧にもどる

千葉大会
対戦相手 1回戦:北総ボーイズ
準決勝:横須賀ボーイズ
決勝:船橋サンボーイズ
場所 千葉:船橋
月日 2004年11月27日(土)〜2004年11月28日(日)
 1回戦 1 2 3 4 5 6 R
■ 北総ボーイズ 0 0 0 1 2 1 4
■ 世田谷タイガース 2 1 1 1 0 0 5
バッテリー 本塁打  
野里・若林-
瀬尾・駒庭
 ー  ー

 準決勝 1 2 3 4 5 6 R
■ 横須賀ボーイズ 0 1 0 2
■ 世田谷タイガース 1 × 8
バッテリー 本塁打  
野里-瀬尾  ー 4回コールド

 決勝 1 2 3 4 5 6 R
■ 船橋サンボーイズ 2 1 2 3 8
■ 世田谷タイガース 0 0 0 1
バッテリー 本塁打  
若林−野里・瀬尾 ー  4回コールド
今年、最終戦となった千葉大会を船橋サンボーイズのグランドで行った。
決勝は、地元船橋サンボーイズと対戦したが、「走・攻・守」そして「勝利への執念」という全ての面で完敗し、またしても準優勝に終わった。まずは、船橋サンボーイズの選手達、本当におめでとう!!
のびのびと楽しくプレーしている姿は、見ていて清々しく、子供野球の原点を改めて教えられた。
一方、我が世田谷タイガースも、6年生でキャプテン、4番バッターの長坂直樹が最後まで孤軍奮闘し、今大会を決勝まで導いてくれた。初戦は3打数3安打、準決勝は2ホーマーの4打点、決勝では守備の要≠ニなり、幾度となくチームのピンチを救ってくれた。いつもながら、直樹のプレー、そして日頃から野球に取り組む姿勢には、頭が下がる。この先も一流プレーヤーとして、また素晴らしい大人へと成長していくに違いないと確信している。直樹よ! 今大会も一生懸命チームを引っ張っていってくれて本当にありがとう!!!
さて、今期後半は来季のチーム作りを目指して、5年生が中心となって大会に臨んできた。しかし、どの大会もことごとく6年生パワーに圧倒され、痛いほど打ちのめされた。このあまりにも苦い薬を来季に活かすためにも、みんなで子供野球の原点に立ち返り、楽しくのびのびと力を発揮できるよう、これからも引き続き指導していきたい。目先の結果だけにこだわらず、一人でも多くの選手が与えられた場面で、最大限の力を発揮させてやる。このことで野球をしている楽しさに、子供達が気付き、自らの向上心が、生まれてくるのかもしれない。(小林 宏)