入会案内・
入会申込書はこちら
(PDF)
兄弟チーム
世田谷ボーイズ
 
 



PDF形式の書類をご覧になるためには、Adobe Acrobat Reader(フリー)が必要です。こちらからダウンロードできます。
ボーイズリーグ所属 硬式少年野球 世田谷タイガース 公式Webサイト
   お問い合わせ   リンク  TOP
試合一覧にもどる

日本少年野球春季大会東京都予選
対戦相手 ダイヤモンドボーイズ戦
場所 東京:江戸川
月日 2005年2月27日(日)
  1 2 3 4 5 6 R    
■世田谷タイガース 2 0 2 5    
■ダイヤモンドボーイズ 0 0 0 0 0    
バッテリー 本塁打  
若林ー藤岡 4回コールド
3塁打:若林
2塁打:鶴見・細木
3月末に大阪で行われる全国大会の東京予選がスタート。タイガースは5年生以下の新チームでダイヤモンドボーイズとの初戦を5対0のコールドゲームで勝利。先ずは幸先がよいスタートを切った。ダイヤモンドボーイズとの初戦は、5−0のコールドだったが、どちらが勝ってもおかしくない試合で、得点差だけを見ると大差に見えるが決して大味な試合ではない両チームのエースの投げあいであった。タイガースの打線が数少ないチャンスを確実に生かした結果が勝利に結びついた。タイガースは、初回2番、小林航也の内野安打をきっかけに3番、若林晃弘のセンターオーバー3塁打と5番、柳沢健太の三遊間安打で2点を先取。3回には3番、若林と4番、鶴見拓磨の連続センターオーバー2塁打と敵失で2点を追加。4回には、瀬尾晃司、細木崇志の安打などで5点目を上げた。守っては、先発、若林が3安打完封と制球、スピードとも申し分ない内容であった。タイガースは、強敵ダイヤモンドボーイズを下したことで更なる飛躍と今年の活躍が期待できると感じた。(若林憲一)