入会案内・
入会申込書はこちら
(PDF)
兄弟チーム
世田谷ボーイズ
 
 



PDF形式の書類をご覧になるためには、Adobe Acrobat Reader(フリー)が必要です。こちらからダウンロードできます。
ボーイズリーグ所属 硬式少年野球 世田谷タイガース 公式Webサイト
   お問い合わせ   リンク  TOP
試合一覧にもどる

練習試合
対戦相手 たまプラーザスネークス
場所 神奈川:川崎
月日 2005年4月17日(日)
 1試合目 1 2 3 4 5 6 R
■ たまプラーザスネークス 0 0 1 1 2
■ 世田谷タイガース 3 4 0 × 7
バッテリー 本塁打  
若林-藤岡 若林A 2塁打:藤岡

 2試合目 1 2 3 4 5 6 R
■ たまプラーザスネークス 1 0 0 0 0 2 3
■ 世田谷タイガース 1 0 0 0 1 1 3
バッテリー 本塁打  
菅野-藤岡 鶴見 2塁打:若林

1回表、ヒット、エラー、送りバントで1死2、3塁のピンチを迎えるが、先発若林晃弘の落ち着いたピッチングでこの回を切り抜けた。その裏の攻撃では、細木崇志、小林航也が四球を選びチャンスを作る。この場面で3番若林は、右中間を破るランホームランを放ち3点を先取。続く2回にも、2死から菅野晃平の2塁打、細木、小林の連打が絡み1点を追加。なおも2死2、3塁の好機に若林の2打席連続のセンターオーバー3ランホームランが飛び出し7点目をあげる。失点も2点に抑えることができ、攻守にまとまった試合であった。2試合目も初回に、四球、内野安打、送りバントで1死2、3塁のピンチを迎えるが守備の堅さで1失点に抑える。その裏、1番細木崇志がライト前ヒットで出塁する。すかさず2番小林航也が絶妙な送りバントをきめ3番若林晃弘につなぐとこのチャンに2ストライクと追い込まれてから3球ファールで粘ったあとの6球目を左中間に2塁打を放ち同点とする。5回のターガースは、8番呉清弘がライト前安打で出塁し1番細木の内野安打で1、3塁のチャンスを作る。2番小林の当たりは痛烈なライト前ヒットと思ったが、ライトの好守備に阻まれてライトごろでアウトとなる。この間に呉がホームインして2点目をあげる。6回のスネークスの攻撃では、ヒットとエラーで2点を献上するがその裏は、4番柳沢健太からの攻撃である。柳沢の打球は右中間を破ると思われた大飛球だったが、またもライトの攻守備に阻まれて反撃のトーンが下がりかけた。しかし今年のタイガースは一味違う。4番がだめなら5番がいるといわんがばかりに、我がタイガースの重戦車、鶴見拓磨が初球を右中間にホームランを放ち同点。この試合は、鶴見の一振りで辛くも引き分けに持ち込むことができた。この試合の先発、菅野は、コントロールに苦しみ、また9安打を打たれながらも、我慢のピッチングで切り抜け3点に抑えたことは、大きな自信につながることだろう。
(若林 憲一)