入会案内・
入会申込書はこちら
(PDF)
兄弟チーム
世田谷ボーイズ
 
 



PDF形式の書類をご覧になるためには、Adobe Acrobat Reader(フリー)が必要です。こちらからダウンロードできます。
ボーイズリーグ所属 硬式少年野球 世田谷タイガース 公式Webサイト
   お問い合わせ   リンク  TOP
試合一覧にもどる

埼玉支部30周年記念大会
対戦相手 1回戦:日高アポロズ戦・準決勝:富士見ボーイズ戦
場所 埼玉:草加・
月日 2005年5月3日(祝)〜5月4日(祝)
 1回戦 1 2 3 4 5 6 R
■ 日高アポロズ 2 0 0 1 1 0 4
■ 世田谷タイガース 2 0 1 0 2 × 5
バッテリー 本塁打  
柳沢・菅野・若林-藤岡 2塁打:若林・柳沢

 準決勝 1 2 3 4 5 6 R
■ 世田谷タイガース 2 0 2 0 0 0 4
■ 富士見ボーイズ 1 0 3 3 0 × 7
バッテリー 本塁打  
菅野-藤岡 3塁打:柳沢・鶴見

(1回戦)今年の日高アポロズは、5年生が主体のチームであるが決して侮れない相手であることを試合前のミーティングで伝えたが、予想通り手ごわい相手に成長していた。試合は、先発柳沢健太の乱調から初回1/3イニングで菅野にスイッチし2点を献上したものの菅野の踏ん張りで切り抜けることができた。その裏すぐに同点に追いつき、3回に逆転に成功。5回にいったん逆転されたが、その裏に芳沢慶喜のヒットを足がかりに若林晃弘の2塁打などで再び逆転し勝利。
(2回戦)準決勝富士見ボーイズ戦は、昨日も登板した菅野晃平が先発。初回2死から、3番若林晃弘のヒット、柳沢健太の四球、ダブルスチールのあと、5番鶴見拓磨がセンター前にはじき返して2点を先取。その裏、相手3塁打とヒットで1点を返される。3回表、タイガースの攻撃は2死から若林、柳沢、鶴見の連続2・3塁打で2点を追加。しかしその裏に4安打を浴び同点。この回を境に流れは富士見に傾きその後も追加点を取られ今季初の敗戦となった。この試合では、チーム5安打と4得点のすべてがクリーンアップでしか得られなかったことが課題として残る。投手陣は関東ボーイズ戦を皮切りに大車輪登板を行い疲労もピークに達する中よくがんばった。野手陣は、連戦で疲れたのか守備にミスが目立った。昨年からの課題である、取れるアウトを確実に取ること。下位打線が得点に絡んでくること。の2点を今後の課題として練習に励もう。(若林憲一)