バックナンバー 投球成績 打撃成績
入会案内・
入会申込書はこちら
(PDF)
兄弟チーム
世田谷ボーイズ
 
 



PDF形式の書類をご覧になるためには、Adobe Acrobat Reader(フリー)が必要です。こちらからダウンロードできます。
ボーイズリーグ所属 硬式少年野球 世田谷タイガース 公式Webサイト
   お問い合わせ   リンク  TOP
試合一覧にもどる

千葉支部春季リーグ戦
対戦相手 1回戦:流山クラブ・2回戦:ダイヤモンドボーイズ戦
・3回戦:船橋サンボーイズ戦・4回戦:松戸レンジャーズ戦・5回戦:荒川ジュニアシャークス戦
場所 千葉:船橋等
月日 2005年5月8日(日)〜5月22日(日)
 1回戦 1 2 3 4 5 6 R
■ 流山クラブ 3 3 4 1 - - 11
■ 世田谷タイガース 1 0 1 0 - - 2
バッテリー 本塁打  
菅野・若林-瀬尾 3塁打:柳沢

 2回戦 1 2 3 4 5 6 R
■ ダイヤモンドボーイズ 4 2 0 0 - - 6
■ 世田谷タイガース 9 7 6 × - - 22
バッテリー 本塁打  
柳沢・若林-瀬尾・駒庭 2塁打:細木・瀬尾
3塁打:鶴見

 3回戦 1 2 3 4 5 6 R
■ 船橋サンボーイズ 2 0 0 2 0 5
■ 世田谷タイガース 0 1 2 0 3 × 6
バッテリー 本塁打  
若林-藤岡 柳沢  3塁打:三原 

 4回戦 1 2 3 4 5 6 R
■ 松戸レンジャーズ 0 0 1 0 - - 1
■ 世田谷タイガース 4 5 6 × - - 15
バッテリー 本塁打  
若林-藤岡・駒庭 細木A、若林、柳沢、鶴見A

 最終戦 1 2 3 4 5 6 R
■ 荒川ジュニアシャークス 1 0 2 5 1 0 9
■ 世田谷タイガース 3 0 2 4 0 10
バッテリー 本塁打  
細木・若林-柳沢 2塁打:若林A、柳沢A、鶴見

(1回戦)先発菅野晃平が、強打の流山打線に捕まり初回、2回で6点を献上。2回途中からリリーフした若林晃弘も見方エラーにより5失点。投打のかみ合わない試合で、今季2敗目は、初のコールド負け。
(2回戦)ダイヤモンドボーイズは、東京東支部所属で、タイガースが友好関係をいただいているチームのひとつである。この試合では、いつもベンチで声をからして応援してくれる、小林慶馬、乾将太郎がスタメン起用され元気いっぱいのプレーを見せてくれた。また、大久保聖人は、1試合6盗塁をし、俊足をアピール。今後、6年生レギュラーを脅かす存在になることは、間違いない。
(3回戦)サンボーイズ戦は、6対5と苦しい試合展開であったが5回に一挙3点を奪い逆転に成功し勝利することができた。この試合ではニューヒーローが生まれた。新戦力、三原裕也(5年)である。三原は、身長は、それほどではないが、力強いスイングができる恵まれた体格の持ち主で、ミートも非常にうまく、またどこでもこなせる守備力が魅力の選手である。この試合では、6番センターでスタメン起用され、5回の裏1死2、3塁の好機に、見事右中間を破る同点3塁打を放ち決勝のホームベースを踏んだ。この試合で、先発若林晃弘は、11三振を奪う好投を見せたが、守備陣の失策から失点し自責点は1であったが苦戦した。6得点のうち5得点が3番若林と4番柳沢健太によるものだったが、それを返した5番鶴見拓磨、6番三原、7番菅野晃平の活躍が光った。
(4回戦)松戸レンジャーズとの対戦は、今回が初めてである。試合は、相手投手の立ち上がりをうまく攻めることができた。先頭の細木崇志がレフトに先制のホームランを放ち、四球などを足がかりに追加点を上げることができた。その後も攻撃の手を緩めることなく、細木の2本目の本塁打、若林晃弘、柳沢健太が3点本塁打を放つと鶴見拓磨もレフトに2本の本塁打を放った。守っては、先発若林が4回を6三振と安定したピッチングで勝利した。
(最終戦)千葉支部春季リーグ戦の最終は、荒川ジュニアシャークス戦となった。この試合は、双方の打撃の積極さが目立ったが逆に守備のミスも多い試合であった。シーソーゲームにけりをつけたのはタイガースが誇るクリーンアップだ。6回裏の攻撃は、3番若林晃弘からである。この場面でレフトに2塁打を放ちすかさず3盗を決め、4番柳沢健太に託す。今シーズン成長著しい柳沢は、積極的に振っていく。2ストライクと追い込まれてもまったく動じない。最後は、真芯で捕らえた打球が左中間を深々と破るさよなら安打であった。この試合では、さよなら安打と同じくらい価値のある安打が他にもあった。4回裏に出た餘田尭彦の今季初安打だ。ここまでスランプでなかなか結果がだせなかったが、3点差を追うチームに勢いをつけてくれた。続く大久保聖人(5年)も公式戦初安打を記録し更に勢いを増した。6番に入った芳沢慶喜(5年)は、この回勝ち越しのヒットを放ってくれた。関東ボーイズ大会、埼玉大会、千葉春季リーグ戦と公式戦が続き選手も少し疲れ気味ではあったが、課題であった下位打線の奮起がようやく見られた。今後のタイガースに明るい兆しが見えた試合であった。(若林 憲一)