入会案内・
入会申込書はこちら
(PDF)
兄弟チーム
世田谷ボーイズ
 
 



PDF形式の書類をご覧になるためには、Adobe Acrobat Reader(フリー)が必要です。こちらからダウンロードできます。
ボーイズリーグ所属 硬式少年野球 世田谷タイガース 公式Webサイト
   お問い合わせ   リンク  TOP
試合一覧にもどる

練習試合
対戦相手 流山クラブ
場所 千葉:松戸
月日 2005年6月12日(日)
 1試合目 1 2 3 4 5 6 R
■ 世田谷タイガース 1 5 0 0 0 5 11
■ 流山クラブ 3 0 1 1 0 0 5
バッテリー 本塁打  
若林-藤岡 2塁打:若林

 2試合目 1 2 3 4 5 6 R
■ 流山クラブ 0 0 0 - - - 0
■ 世田谷タイガース 5 0 7 - - - 12
バッテリー 本塁打  
菅野-藤岡 2塁打:柳沢A
鶴見

第一試合は、お互いにベストメンバーで公式戦並みの気合が入った一戦だった。初回世田谷の攻撃は、2番菅野晃平が死球で出塁すると3番若林晃弘の中前安打で1死1,3塁のチャンス。この場面で、今季成長著しい4番柳沢健太の安打で1点を先取。1回裏の流山クラブの攻撃は、1番が右前安打を放つと2番が送りバント。これを捕手が悪送球し無死2,3塁のピンチを招く。続く3番の内野ゴロを失策、悪送球のダブルエラーで3点を献上。わがチームの課題であるエラーの連鎖にまたも苦しむかと思われた2回の表の攻撃では、相手2失策と藤岡拓暉、若林、柳沢の安打を絡めて5点を取る。6回にも、若林、柳沢、鶴見拓磨、三原裕也、藤岡の5連打などで5点をもぎ取り勝利する。
第二試合は、1回の裏、先頭打者細木崇志の四球後2番菅野晃平のヒットエンドランが見事的中し、3番若林晃弘、4番柳沢健太、6番藤岡拓暉の集中打などで5点を先取。3回にも7点を奪い試合の主導権を握る。先発の菅野も流山打線を抑え勝利。またこの試合では、うれしいことがあった。ひじの故障で3ヶ月もの長期にわたり、戦列を離れていた野里浩太が復帰し見事2安打を記録してくれた。大阪での全国大会出場に向けまた、一人強力なメンバーが帰ってきたことは、タイガースにとって相当すごい追い風になりそうだ。
(若林 憲一)